ブログ

2013.09.18

「コーヒー探訪」NO.1

 毎月、守山市有線放送でお話ししています「コーヒー探訪」の原稿をそのまま皆さんへお送りします。

■西村さん
コーヒー探訪。
このコーナーは、吉身小学校近く すこやか通り沿いにある直火焙煎・珈琲豆専門店 カフェバードの提供でお送りします。
先月から始まりましたこのコーナー。担当は有線放送 西村です。
コーヒーの世界の案内役は、カフェバードのマスター南さんです。
マスター、今月もよろしくお願いします。
●南マスター
はい!カフェバードの南清章です。よろしくお願いします。
今月は、「コーヒー豆ができるまで」についてお話します。
コーヒーは最初、エチオピアで見つかったと言われ、現在では、世界の50ヶ国で栽培されています。
ブラジルやコロンビアなどの中南米、エチオピアやタンザニアなどのアフリカ大陸、そして、インドネシアやベトナムなどのアジア諸国に主な生産国があるんですね。
この熱帯にある国々を「コーヒーベルト」と呼ぶんですよ。
赤道に近いあつ~い国々でコーヒーノキが栽培され、その木になる真っ赤な実「コーヒーチェリー」がコーヒーの元なんですね。
■西村さん
知らなかったです。
コーヒーって「果実の中の種」からできるんですね!
●南マスター
はい。その種を私たちが焙煎すると白っぽい色から焦げ茶色のコーヒー豆になります。
みなさんにおなじみのコーヒー豆は、このようにして出来上がるのです。
■西村
マスター、ありがとうございました。
また来月もコーヒーの世界への案内役、よろしくお願いします。
●南マスター
よろしくお願いします。
■西村
コーヒー探訪。
このコーナーは、吉身小学校近く すこやか通り沿いにある直火焙煎・珈琲豆専門店 カフェバードの提供でお送りしました。

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

ページの先頭へ