ブログ

2014.02.12

「コーヒー探訪 NO.4」~コーヒーノキ~

 「コーヒー探訪」

※今回も守山市有線放送でお話ししています「コーヒー探訪」の内容をお送りします。
■西村さん
コーヒー探訪。
このコーナーは、吉身小学校近くすこやか通り沿いにある 直火焙煎・珈琲豆専門店 カフェバードの提供でお送りします。
コーヒーの世界の案内役は、おなじみカフェバードのマスター南さんです。
マスター、今月もよろしくお願いします。
●南マスター
はい!カフェバードの南清章です。よろしくお願いします。
今月は、「コーヒーノキ」についてお話します。
コーヒーノキとは、コーヒーが採れる木のことですが、実は、コーヒーチェリーというサクランボのような、つやつやでキレイなだ円形の赤い実が鈴なりに付きます。
コーヒー農園では、赤く熟した実だけを手作業でもぎ取ります。
そして、周りの果実だけを取り除くと半球状のタネが通常2コ入っています。これが、コーヒーの元になる「コーヒー生豆」なんです。
■西村さん
時々、園芸売り場などでコーヒーノキが売られているのを見たことがありますが、あれがそうなんですか?
●南マスター
観葉植物として売っているコーヒーノキは大きくても高さが30cm程度ですが、本来は4mから5mほどに達する木です。
コーヒーノキは、毎年4月が開花時期で、白い花が咲きます。
枝にくっつくような感じで咲く綺麗な花です。
コーヒーチェリーの収穫は10月ごろから始まります。
■西村さん
観葉植物のコーヒーノキでも、実がなるんでしょうか?
マスターは、コーヒーノキを育てた経験などはあるんですか?
●南マスター
はい。今も、カフェバードの店内でコーヒーノキを育てています。
もともとは、店のお客様からいただいたものですから、大切にしています。
■西村さん
コーヒー探訪。
このコーナーは、吉身小学校近くすこやか通り沿いにある 直火焙煎・珈琲豆専門店 カフェバードの提供でお送りしました。

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

ページの先頭へ